デイビッド・ホルムグレン

Photo: デイビッド・ホルムグレン

デイビッド・ホルムグレンは1978年ビル・モリソンとの共著『パーマカルチャー・ワン』の出版によりパーマカルチャーの概念を共同創始した人物です。

デイビッドは、パーマカルチャーを依存的な消費者主義に対する現実的かつ魅力的で強力な代替策であると訴える、有力なエコロジーにおける思想家、指導者、作家、講演者として、世界中で知られています。

おもな著作は『パーマカルチャー ―農的暮らしを実現するための12の原理(上下巻)』(2002年)、『未来のシナリオ―ピークオイル・温暖化の時代とパーマカルチャー 』(2009年)、『RetroSuburbia: The Downshifter’s Guide to a Resilient Future』(2018年)。最も最近の著作は『Our Street』(2020年)です。