ガザ都市部&都市周辺部農業プラットフォーム(GUPAP)

GUPAPは、地域レベル、地方レベル、世界レベルでのアドボカシーキャンペーン、政策に影響を与えるキャンペーン、知識やサクセスストーリー、経験の共有など、レジリエンスを強化し、組織力を構築し、コミュニティをベースとする80のメンバー団体間のコラボレーションを支援しています。

GAPAPは、ガザという困難が長期化した都市の危機的状況に取り組む活動をしています。ガザでは経済的機会が非常に限られ、都市型農業は政策立案者や計画担当者に明確に受け入れられていません。

GUPAPは、西アジアを代表するものや世界食料安全保障委員会(UN CFS)の市民社会メカニズム(CSM)における食料主権のためのアラブネットワークを含む、少なくとも6つの国、地域、世界的なネットワークとワーキンググループに積極的に参加しています。
長年にわたり、GUPAPは以下を実現させてきました。

  • 市場販売を目指す都市部および都市周辺部の地元の農業開発に関連する5つの政策の促進。 これには、都市の女性農業起業家の権利を擁護するキャンペーンが含まれます。 GUPAPは、都市部女性農業起業家フォーラム(UWAF)と呼ばれるパレスチナで初めての安全が確保され、よい刺激となる情報交換の場を進め、確かなものにすることができました。
  • 長期に及ぶ危機的状況における農業コミュニティのレジリエンスを強化する戦略として、都市部における家族農業と食料主権の振興。
  • 政府機関および非政府機関と協働して、国家戦略における市場販売を目指す都市農業および国家機関の役割の検討。
  • 女性および男性の小規模生産者を含むバリューチェーン関係者の参加を促し、これらの戦略に対する情報提供。
  • 2021
  • Influence Award
Photo: ガザ都市部&都市周辺部農業プラットフォーム(GUPAP)

プロジェクト情報