Comunità Frizzante (きらめくコミュニティ)

Comunità Frizzanteは文字どおり、「きらめくコミュニティ」を意味します。Comunità Frizzanteは、イタリアアルプスのラガリーナバレーに情熱を注ぐ組織やインフォーマルなグループから成る多様なネットワークです。このネットワークが力を結集して参加型の炭酸飲料の生産を行い、エコロジーを尊重しながら、彼らがベースとしている山岳地帯からそれぞれの方法で生活や疎外感の諸問題に立ち向かいます。

飲み物は、破壊的な経済慣行を調査し、それに対抗するための重要なツールであることが明らかとなりました。再生可能な農業のキャンペーンを実施しながら、コーラについては、ティーンエイジャーたちと共に多国籍食品企業の方針について調査し、余剰オレンジの果肉から生産されるオレンジエードについては、そのオレンジ製品の生産に従事する不法就労者たちが過度に搾取されていることに対する闘いをサポートし、グレープ飲料に関しては、グレープの単作がバレーを侵食していることを問題として取り上げています。

このプロジェクトは、社会包摂活動がどのように社会的に非難されることのない形を取ることができるかを示し、これにより地元のメンタルヘルスセンターと共同で「幸福の学校」を設立する結果となりました。また、狩猟採集歩きや移住労働者とつながるための一般向けクラスも運営しています。

  • 2021
  • Young Projects
Photo: Comunità Frizzante (きらめくコミュニティ)

プロジェクト情報