プライズ

各賞は、様々な段階のアイディアに対して設けられています。設立から1年以上5年未満のヤング・プロジェクトから、5年以上の実績のあるエスタブリッシュド・プロジェクト、さらに再生可能な社会に向かうための政策や世論に対して影響力をもたらすキャンペーンが対象です。

 

2019年春季賞の候補者リスト

50の候補者があります。

 

受賞者は5月に発表されます。

審査員はリジェネレーティブデザイン、パーマカルチャー、食の主権、トランジション、バイオミミクリ、エコビレッジネットワークなど幅広い分野の代表者たちです。